• トップページ >
  • 海洋性完熟土
  • 海洋性完熟土

    自然の手に委ね・・・
    時のままに時間を経過させる・・・。

    土の中で繰り広げられる壮絶な微生物たちの呼応に出合ったとき、人の目に触れることなく変化が起こり、 多くの時間の経過とともに思いがけない神秘な世界を醸し出します。

    主体はあくまで微生物

    微生物の働きによる完全に不朽化の終了した起源を海洋性とする完熟土が原料です。

    起源を海洋性とする完熟土は掘削後、1年間、人間がコントロールすることなく微生物が生きやすい環境を整える上でじっくり天日乾燥させます。

    生きものが春夏秋冬という一年の時を経て年輪を重ねていくように四季のある日本で生きる微生物たちも季節を感じることが重要です。

    画像(1) 海洋性完熟土(採掘直後)

    画像(2) 海洋性完熟土(自然発酵)

    海洋性完熟土について

    太古の時代(推定500万年~数千万年前)、海底にあった地層が地殻変動により隆起して現れた地層の一部であり、古代の動植物の遺骸が長い年月をかけて重なり合い、分解・発酵を繰り返し、腐植土層を作り上げます。この現象は沼地や湿地帯においても例外ではございません。この生命の食物連鎖のサイクルによって生じたものが海洋性完熟土です。

    国内山間部、水田などで採取できる腐植土はそのほとんどが草木、落ち葉などの植物プランクトン、土壌微生物などの有機体から得られ、その画分も腐植と非腐植から構成され、まだ腐植の進行過程にあるものが多く、そのため均一した成分を得がたい側面を持っております。海洋性完熟土は、地表より20~30mの深さにあり、地質学者の発表によれば、古代海底より隆起した地層で完全に不朽化の終了した地質学的に極めて稀有な存在であるとの見解を示しております。

    この完熟土には、海草、藻類、植物、魚介類などが主因となっており、特に主成分である葉緑素の腐植により生じたものであるという点が他の腐植土と大きく異なる点です。

    腐植化には気候、風土、地況などの条件の違いにより成分、性質が大きく異なるのは当然のことであり、永い年月が必要となるのも不可欠な条件となります。

    海洋性完熟土に含まれる成分
    フミン物質 フルボ酸
    ミネラル カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・亜鉛・マンガン・ケイ素・鉄 他
    アミノ酸 アルギニン・リジン・ヒスチジン・フェニールアラニン・イソロイシン・ロイシン・バリン・アラニン・グリシン・グルタミン酸・セリン・スレオニン・プロリン・アスパラギン酸・β‐アラニン・γ‐アミノ酪酸・オルニチン・ヒドロキシリジン・フォスフォセリン 他
    ビタミン ビタミンA・ビタミンB1・B2・B6・B12・ビタミンE・葉酸
    酵素 リパーゼ・ウレア―ゼ・アルコールデヒドロゲナーゼ 他
    官能基 カルボキシ基・フェノール性水酸基 他
    Copyright © Japan Humin Kagaku CO.,LTD. All Rights Reserved.